さとまるブログ

  • 2017.06.16
  • さとまる仲間(お宿レポート)

時間が止まってしまったように佇む「町家」を体験しませんか!

古民家の中でもその昔、商家や職人の家として栄え、今もその面影が残る建物が町家です。

多くは通り沿いに軒を並べるように佇み、玄関から台所、裏庭まで土間続きで想像以上に奥行きのある建物ですね。

 

5

 

細長い土地ながらも工夫を凝らし中庭を設けるなど、仕事場以外に家主や奉公人が住めるよう住居としての機能も兼ね備えています。

 

「さとまる」では、そんな昔の商家や職人たちの息遣いが感じられ懐かしい空間に泊まれる施設をご紹介しています。是非一度ご体験ください。

 

≪町家的な民宿はコチラ≫

●菊乃や…北陸の小京都の風情が漂う宿/ 石川県金沢市主計町

●割烹民宿かね八…120年の歴史ある網元の家は港が目の前に/石川県能登町字宇出津

●ほんまちの家…城下町高岡の風情を感じる宿/富山県高岡市本町

●襄荷渓房…眼下に広がる清流吉田川の風情を満喫/岐阜県郡上市八幡町肴町

●やなかの大助…夜空に浮かぶ郡上八幡城を望む/岐阜県郡上市八幡町

●つじ屋…木と土と石が生み出す懐かしい空間/三重県多気郡多気町

 

Wrote 2017.6.16 望月

Translate »